読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rebellion

厨二病による日常とゲームとTCGのブログ

就活しないと決めた話

バイトが決まりました。

このご時世なので、何処なのかは伏せますね。(リアルで会った人はご存知だろうけど)
 
さて、今日は真面目な話をしますね。
 
僕にはひょんな事から同居人(+猫)がおりまして、その人の影響がかなり大きいのだろうとは思いますが。
 
「アレ、案外正社員じゃなくてもやっていけるのでは?」
 
そう思って、思い切って、就活生がするような就活はしない事にしました。
そうそう、今更だけど、僕は大学4年生ですw
 
って事で、理由を説明していきましょう。
 
1.家賃が6万円代
同居人は派遣→契約上がりで月15万(現在は失業手当で月12万)、僕は現在学生で、大体月5万円の収入が見込める状態です。
家賃や生活の必要経費を計算すると、最低で8万円代。余裕ですね。これににゃんこも入ってるんだぜ。毎月医者行っててこれだぜ?
ちなみに居候の僕は給料の2万円を学費に回さなければならないので入れられるのは実質3万円。それでも充分に生活ができます。
 
2.契約社員ってスゴイ
契約社員って驚く事に雇用保険で税金の面倒を見てもらえるんですね。
それなのに、正社員の皆さんより大分早くうちに帰れる。素晴らしい。仕事に全てを捧げるのは真っ平御免の僕にとって「早く家に帰れる」というのは貰えるお金以上に、何にも変え難い事なんですね。
雇用が更新制である事や、賞与が出ないという部分はあるにしろ、早く帰って自由に時間を使える!人生楽しみたいですからね。
 
3.割と日本って保障がちゃんとしてる
上にも述べた通り、同居人は失業手当を貰ってる訳なんですが、契約社員では、契約が更新にならなかったとしても、半年さえ働いていれば基本的に3ヵ月失業手当が出るんですね。(ちなみに正社員は1年)
最近は割と失業手当について知らない学生さんも多いみたいです。僕もここまで良いものだとは知りませんでした。息を切らして働かなくても、制度を上手に使えば、日本は充分暮らしていける国なんです。
 
4.同居人が居る
もうね、最大の理由はこれです。これがたった1人だったら今頃どうなってただろうと。割り勘できるってのは良いです。家賃も光熱費も食費も楽しみも半分こ。話せる相手が居るってのは良いです。
学生の折、鬱になって大層気を病んだりしましたが、思い返せば、今こうやって生きてられるのは同居人が居てくれたからじゃないかなって。ありがたやありがたや。
 
こんなもんですね。ちょっと前までは日本の環境や雇用形態にえらく失望してたんです。
でも、これらに気付いてからは、少しマシになりましたね。
貧しくても良いじゃないか。だって日本だもん。安くて良いものたくさんあるもん。お金無くたってある程度は大丈夫。
皆が皆僕みたいになると困るけど、今の御時世、正社員にこだわらなくても良いんじゃない?上の世代の人達が一生懸命頑張ってくれてますもんね。若い者に金も回さずに。俺は絶対仕事しないからな!!
 
おわり